VIO脱毛をした事でメリットが色々

身だしなみのひとつとして海外では当たり前のVIO脱毛ですが、最近では日本でもVIO脱毛が定番となりつつあります。
脇脱毛や足・腕の脱毛に次いでVIO脱毛の人気が出てきています。
VIO脱毛の人気が急上昇したのには、VIO脱毛をすることでメリットがたくさんあるからです。
一番のメリットと言えるのが、下着や水着からムダ毛がはみ出さなくなるということです。
最近の下着はコンパクトなデザインが多いため、しっかりと処理をしていないとはみ出してしまいます。
水着を着る時も、しっかり処理したつもりでもはみ出していないとは限りません。
VラインとIラインを処理しておけばそういった心配から解放されます。
Vラインは好みの量や形に整えることもできるということも魅力です。
また、自己処理をしなくて済むということもVIO脱毛を受けるメリットとしてあげられます。
デリケートゾーンは自分では処理しづらく、処理をしたとしても生えてきたときにチクチクしたり不快感が大きいです。
間違った処理の仕方では、肌を傷つけてしまったり、炎症が起こらないとも言い切れません。
脱毛サロンで受けることで、安心してムダ毛を少なくすることができます。
水着を着るたびにムダ毛を気にしなくてもいいということも魅力です。
もうひとつはデリケートゾーンを清潔に保てるということも大きなメリットです。
ムダ毛が多いとどうしても蒸れてしまいます。
ムダ毛が少なくなることで蒸れにくくなり、かぶれやかゆみの軽減や、臭いにくくなるといった効果が期待できます。
特に生理時はムダ毛に経血が付きにくくなるので、とても衛生的です。
このようにメリットが多いため、VIO脱毛を受ける女性が増えています。

VIO脱毛の豆知識:必要な回数について

VIO脱毛に必要な脱毛施術回数は脱毛方式や毛質や毛量に¥といった個人差によっても異なってきますが、各方式ごとに一般的な目安が存在します。
現在最も主流な脱毛方法となっているのがフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛ですが、これらの方式では体の産毛以外のムダ毛に対してフラッシュは10回前後、医療レーザーは5回前後が完全にムダ毛がなくなる目安とされており、VIO脱毛に関しても同じです。
VIO脱毛に限らずあらゆる箇所の脱毛には複数回の施術が必要ですが、その理由は1回のみの施術では肌の表面に生えている部分の毛しか処理することができないためです。
ムダ毛は肌の表面に生えている活動期という時期に当たる部分以外にも、肌の内部で生えるのを待っている休止期という時期の部分も存在しています。
毛周期という生え変わりサイクルによって2~3ヶ月ごとに活動期と休止期の毛が入れ替わるのですが、活動期の毛は全体の2割程度にしか過ぎません。
フラッシュ、医療レーザーといった方式の脱毛方法では肌の表面に生えている毛、すなわち活動期のムダ毛にしか効果がなく、1回の施術で処理できるのは全体の2割程度ということになります。
そのため最低でも5回の施術が必要ですが、使用される機器や毛質などの条件によって回数は異なりますので、あくまでも目安として参考にしましょう。

VIO脱毛の豆知識:レーザー脱毛

デリケートゾーンのムダ毛の処理は、現在では多くの女性が何らかの処理を施すようになり、またその必要性も高まったことからも、一般的なボディケアの一つと言っても良いのではないでしょうか。
ファッショナブルなビキニや、セクシーなランジェリーを楽しむ際は、ムダ毛がはみ出してしまうと、格好がつきません。
そしてデリケートゾーンのムダ毛の処理をすることにより、衛生的でもあることから、大切なパートナーへの配慮という理由も、メリットとして挙げられます。
処理方法はプロに任せた脱毛の施術を受けることが肝要となります。
サービスを提供する側ではVIO脱毛と呼び、多くの女性に施術を提供しています。
VIO脱毛とは、ビキニラインのV、世紀周辺のI、そして肛門周りのOになり、それらのデリケートゾーンをまとめて、VIO脱毛と呼ばれています。
脱毛の施術は医療クリニックによるレーザー脱毛や、美容エステサロンでのフラッシュ脱毛などによる施術が一般的です。
どちらでもメリット、デメリットがあり、それぞれの特徴を活かした施術内容になりますので、自分に合った方法を選ぶことが重要になります。
また費用面ではVIO脱毛セット料金などのお得なキャンペーンも実施されていますので、そのタイミングに合わせ、レーザー脱毛、或いはフラッシュ脱毛かを選ぶというスタンスも良いのではないでしょうか。

VIO脱毛の豆知識:保湿が重要!VIO脱毛のアフターケア

ムダ毛を処理する場合、全身脱毛ケアの中でもVIO脱毛などデリケートな部分の処理は無理に行ってしまうと肌荒れなどを起こしてしまう危険がありますし、肌に刺激を与えてしまう事で色素沈着による黒ずみなど肌トラブルが出てしまうのです。この色素沈着を起こさないためにもカミソリでの除毛ケアではなく、エステサロンや脱毛サロンでしっかりVIO脱毛を受けることが大切なのです。VIO脱毛は脱毛方法をきちんと選ぶ必要がある事だけではなく、施術を行ってからアフターケアとして保湿ケアを行う事も必須になります。この保湿ケアをサボってしまうと、肌が脱毛ケアをした刺激により肌が乾燥してしまう危険があるのです。乾燥肌が起こってしまうと肌トラブルを進行させてしまう恐れがあり、ニキビが出来てしまう危険もあるためきちんとアフターケアを擂ることが必須になってくるのです。エステサロンや脱毛サロンでは確実に脱毛ケアを行った後には保湿パックなどを行って、肌の状態を整えることが一般的なので特に心配をせずにケアを完了させることが出来ますが、自己処理をする場合には脱毛ケアの後に保湿ローションで優しくパッティングをしておくと肌荒れを防ぐことが出来ます。

最低限押さえておきたいVIO脱毛のアレコレ:VIO脱毛の種類と費用
VIO脱毛はエステサロンで受けられる光脱毛と、美容皮膚科などの医療機関で行われているレーザー脱毛と、医療針脱毛といった脱毛法で行うのが主流となっています。

光脱毛は減毛の効果が、医療脱毛は永久脱毛の効果があり、また費用にも違いがあるのでVIO脱毛を受けたい場合は、自分合った方法を選びましょう。

できるだけ費用を抑えたいという場合は、光脱毛が向いています。
エステサロンにより費用には多少の違いはありますが、平均して約5万円程がVIO脱毛にかかるようです。

一方、レーザー脱毛の場合Iラインなら7万円、IラインとOラインは10万円程が相場となっています。
キャンペーンやVIOを同時に行うコースなら、この費用より金額は抑えられるようですが、レーザー脱毛は光脱毛よりも費用は
高くなってしまいます。

医療針脱毛もやはり各パーツ10万円前後が、費用の相場となっているようです。
価格だけで見ると光脱毛が良いように思えますが、医療機関では施術時に痛みを抑えるよう局所麻酔や笑気麻酔を、施すクリニックもあり、痛みが強く出やすいVIOもストレスをあまり感じず脱毛出来るというメリットがあります。

また医療脱毛は医師や看護師が施術を行うという点でも、安心感もあるので、価格だけで選ばず総合的に見て判断するようにしましょう。